子猫を飼育するために用意しておくグッズ

新しい家族として子猫を迎える際、室内で飼育するのか、屋外で飼育するのかによって必要なグッズも変わってきます。飼育方法を勉強していただくことも大切ですが、まずは子猫を迎えるために必要な飼育用品を環境に合わせて準備をしましょう。
どちらの飼育方法にしても、子猫にとってできる限り快適な空間を作るよう心掛けてください。
最初は最低限必要な物を揃え、子猫が大きくなるにつれておもちゃなど徐々に買い足していくと良いでしょう。

ハウスのレイアウト例

ハウスのレイアウト例

室内で飼育する場合、サークルの中にケージ(寝床)とトイレ、フードボウル、給水器があるとお留守番の時間が長い子猫でも快適に過ごせるでしょう。

子猫を迎える前に準備するもの

サークルまたはケージ

サークルまたはケージ

子猫にとっての家になります。広さに余裕があれば、サークルで囲った中にケージを寝床として設置する方法がお勧めです。サークルを設置する場所がなければ、広めのケージだけでも構いません。ケージは、子猫が噛んでも大丈夫なようにスチール製で、床がプラスチックかスノコになっているものを選びましょう。また、天井があるタイプだと飛び越える心配もないので、より安心です。

子猫の寝床

子猫の寝床

ケージの中に、タオルや毛布を敷いてちょっとした寝床を作ってあげましょう。寒い時期にはペット用ヒーターを敷いて寒さ対策をしてあげましょう。広さに余裕があれば、キャリーケースを寝床にしておいてあげるのも良いでしょう。そうすると、ケース内が子猫にとって居心地がよい空間となり、外出時にも便利です。ただし、子猫の内は何でもかじるので壊してしまうことも想定して選びましょう。

小型猫用トイレ(トイレシーツ)

小型猫用トイレとそのサイズにあったペットシーツ

おしっこを吸い取るためのシートとそのトレーで猫用トイレの完成です。最初のうちはゲージの下全面にトイレシーツを設置して、徐々に範囲を小さくし、寝床とトイレスペースを完全に分けるようにしていきましょう。トイレシーツがケージと合うようにサイズを確認して購入してください。
ただ、いずれはゲージの中からトイレだけを出して、トイレスペースを作ることになります。
ケージだけでなくサークルを設置する場合は、最初からケージの外にトイレを設置しておくとトイレを早く覚えます。
猫は元来、綺麗好きで寝床ではなく、なるべく自分の生活エリアから離れたところに用を足します。トイレ以外でおしっこしてしまうことも多いかと思いますので、子猫のうちはトイレの場所を覚えるまで根気よく躾を行ってください。
子猫のうちはシートを噛みちぎってしまうことも多いですので、お留守番の多い子猫にはメッシュのついたトレーを使ってトイレコーナーを作ることをお勧めします。

給水器

給水器

お勧めはケージに設置するタイプのペットボトル型の給水器です。サイズは猫種により様々なので必ずサイズと高さを子猫に合わせて設置をしてください。ペットボトルを逆さにした形状で、その先に金属の口が付いており、猫がなめると少量ずつ水が出てくる仕組みになっています。
器型にすると、子猫のうちはひっくり返してしまったり、こぼしたり、器を噛んでおもちゃにしてしまったりと大変なことが多いかと思います。
さらに中の水に関しても、新鮮なものがいつでも飲めるようにしておくことが重要となってきます。
この形状であればこぼすこともなく、いつでも新鮮で綺麗なお水をあげることができるためお留守番の多い子猫でも安心です。
但し、器型と比べてお手入れがしにくいのが難点です。いつも綺麗に保ってあげることが重要なので、こまめに洗浄してください。最近では自動で殺菌してくれるものも販売されています。
なお、ミネラルウォーターを与えてしまうと尿道結石の原因にもなりますので、水道水をお勧めします。

重めのフードボウルとドッグフード

重めのフードボウルとドッグフード

最近ではかわいらしいフードボウルが多数販売されていますが、実用面で言うとお勧めは重めのステンレス製のものです。裏にすべり止めがついており、さらに食べやすいように中側には角のない丸い物がベストです。軽いプラスチック製の物は、汚れやすく、ひっくり返してしまったり噛んでしまったり、すぐにボロボロになってしまいます。
大きさは成猫時のサイズに合わせて選びましょう。子猫用にさらに小さい物を用意する必要はありません。最初から同じ器で与えることでしつけにも繋がります。
また、ドッグフードは最初はブリーダーさんがあげていたものと同じものを用意してください。
急に違うドッグフードを与えてしまうとお腹を壊してしまいます。
変更する場合は、新しいフードを少しずつ混ぜていき、段々とその比率を増やしていくようにすると下痢をしにくくなります。
また、フードは必ず月齢にあった物を選んでください。メーカーによって与える量が異なりますので、袋に記載されている用量を必ず確認するようにしましょう。

おもちゃ

おもちゃ

特に生後2~3カ月の仔猫は、少しずつ遊びが多くなってくる時期で、且つ歯がかゆくなる時期でもあるので、色んなものに興味を持ち、噛みつこうとする傾向があります。その為、噛んだり、引っ張ったりしても壊れにくい、ぬいぐるみやボール状のおもちゃを与えるとよいでしょう。綱引きができるようなロープ状のおもちゃもありますが、やんちゃな仔猫だと、噛みちぎって糸を飲み込んでしまうこともあるので、壊れやすかったり、小さすぎて飲み込んでしまったりしそうなおもちゃは避けた方がよいでしょう。

ブラシ

ブラシ

ブラシと一言で言っても、使う用途によって様々な種類があります。例えば、「く」の字に曲がった細いピンが密集して植えつけられていて、毛のもつれをほぐし、抜け毛を取り除くときに最適なスリッカーブラシ。鋤(すき)のような形をしていて、抜け毛がよく取れる為、換毛期の抜け毛対策に持っていると便利なスクラッチャーなどがあります。ネコちゃんによって、毛の長さや毛質も異なってくると思うので、どのようなブラシが最適か、ペットショップなどで店員さんにアドバイスを求めてみるといいでしょう。
ブラッシングは、毛並みを整える意味合いももちろんありますが、皮膚への刺激やスキンシップの一つとしても効果があるので、上手く取り入れて、ネコちゃんとしっかりコミュニケーションを取って仲良くなりましょう。

暖房器具(寒い時期から飼う場合)

暖房器具

「猫は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる」という歌にもあるように、猫は比較的寒さに強いイメージがあるかと思います。確かに、北方生まれの猫種であればそうかもしれませんが、マルチーズやヨークシャテリアのようなシングルコートのネコちゃんや、毛が短いネコちゃんは毛に保温機能がないため、寒さが非常に苦手で人と同じような防寒を考えてあげなければいけません。暖房が必要な猫というのも存在するのです。
ではネコちゃんに最適な暖房器具は何なのでしょう?お勧めはシート型のヒーターやホットカーペットです。どうしてかというと、生まれたばかりの子猫は、母猫とたくさんの兄弟に毎日囲まれて生活しています。その為、エアコンやストーブより、直接肌に触れるシート型のヒーターやホットカーペットの方が、その環境に近く安心するからです。ただし、ペットが温かすぎると感じたら避けることのできる場所を作っておくことで、火傷をしないような対策もしっかりしてあげましょう。

おやつ

おやつ

天然素材から作られたおやつが理想的です。ジャーキーや、骨ガム、ビスケットなど種類は様々ありますが、子猫の体にとってあまりよくない添加物や品質の悪い原材料が使われていることがありますので、しっかりと内容物を見て購入しましょう。また、袋に記載されている月齢を必ずよく確認して購入してください。
おやつはしつけをする際に効果を発揮しますが、あまりあげすぎてしまうとおやつのために言うことを聞くようになる上、フードを食べなくなる場合もあるのでしばらくはフードだけにして、与えすぎないよう心がけましょう。
おやつは猫にとっては高カロリーで、肥満の原因にもなりますので、どうしてもあげたい場合は少量のみにして、フードを減らすなどカロリーにも気を付けて与えてください。

お手入れ用品

お手入れ用品

歯磨きや耳掃除などのお手入れは、猫が健康で美しく過ごすためにも必要不可欠なものです。猫は元来綺麗好きなので、常に清潔に保ってあげましょう。汚れたまま放置していると、歯周病や外耳炎になるリスクが増えてしまうのでこまめに掃除してあげることが肝心です。最近は爪切りや、イヤークリーナー、歯ブラシ、猫用シャンプーにリンスなど様々なお手入れ用品もそろっているので、子猫のうちから慣らしておくと良いでしょう。
歯磨きはできるだけ毎食後、リラックスした状態で行ってあげるのがベストです。
耳掃除や爪切り、シャンプーなどに自信がなければ、最初のうちは動物病院やペットショップにトリミングに連れて行ってあげることをお勧めします。

散歩用の首輪・リード

散歩用の首輪・リード

ある程度大きくなったら、お散歩デビューに向けてリードや首輪に慣れさせる必要があります。最初のうちはリボンなど軽い物からつけて慣れさせ、遊んでいるときなど楽しい時に首輪をつけておくようにすると抵抗感がなくなります。最初は嫌がる猫も多いですが徐々に慣れさせ、首輪に慣れたら、同じようにしてリードにも慣れさせていきましょう。 首輪はサイズのあった丈夫なものを選び、成長に合わせて買い替えていきましょう。
タイプも様々ですが、胴体につけるハーネスは安全性に優れており、猫にとってのストレスも少ないのでお勧めです。
猫にワクチンが完了するまでは屋外へ散歩に行くことが出来ないので、その間に室内で散歩トレーニングをしておくとスムーズにデビューが出来るはずです。

キャリーケース(バッグ)

キャリーケース(バッグ)

ケースタイプのものや、肩からかけるようなバッグタイプ、ベビーカータイプなどいろいろな種類があります。移動場所によっても使い分けが必要なので、しっかり選んであげることが必要です。例えば少し散歩に行く程度ならば折りたたみもできるバッグタイプ、電車での移動であれば丈夫なケースタイプのものがいいでしょう。また、外が見えないケースにしてしまうと猫が不安になって吠えてしまったり暴れてしまったりすることもあります。子猫の気持ちを考え居心地の良いものを選んであげることも重要です。いろんな場所に連れて行きリフレッシュさせてあげましょう。

子猫を探す

閉じる

保存している検索条件はありません

メインメニュー

閉じる